NAS-RAIDデータ復旧が定額

してはいけない事

 

不具合に遭遇した後、以下の事はしない事

  • 電源ON/OFF
  • 再起動
  • ファイルコピー
  • 衝撃、振動
  • メーカーへ問い合わせ
  • デフラグ
  • スキャンディスク
  • ウイルス検索

詳細説明

電源のON/OFF

電源の入り切りにより壊れかけのハードディスクはダメージを受けます。
入り切り回数は少ない程痛みません。

メーカーサポート

メーカーのサポートセンターへ電話されると再起動を誘導される事が多いようです。障害は再起動では直りませんので電源の入り切りと同様です。
痛みますので二度と再起動しない事です。

ファイルコピー

ファイルコピーは痛んでいるメディアへ激しくアクセスします。
データが大切なら、壊れかけの状態でファイルコピーしてはいけません。
貴方の大切なデータは永久に戻りません。

検索作業

デフラグとスキャンディスクとウイルス検索は、メディアにとって大変負担が大きい作業です。
実行されると大切なデータは復旧率が悪化します。復旧料も割り増しとなります。
参考になる情報サイト(パソコンデータ福岡さん)があります。

お問い合わせ 固定電話

固定電話番号固定電話